災害による被害が防げる

土嚢袋

袋の選び方

台風や大雨に備え、土嚢を用意する場合がある。土嚢は、土嚢袋に土砂を積めて配置することで、水や土砂の入り込みを防ぐことができるものである。特に、低地で雨が降った際、建物などに水が浸入しやすい場所においては土嚢を積んで被害を防ぐという目的で活用されている。土嚢袋を利用する時には、選ぶ際のポイントがある。土嚢袋では、その素材としていくつかのものがある。以前は麻袋を活用することが一般的であったが、最近ではポリエチレン製の袋を利用する場合が多くなっている。ポロリエチレン製の土嚢袋の方が一般的に丈夫であり、水の吸い込みが少ないという特徴がある。また、土嚢袋を選ぶ際には大きさも重要である。大きすぎる土嚢袋を利用した場合には、持ち運びに重くなりすぎるということがある。逆に小さすぎる場合には、多くの土嚢を配置する必要性が出る。その為、適切な大きさの袋を利用することも土嚢用においてはポイントとなる。最近では、土砂などを詰めることなく利用できる土嚢袋も出てきている。水を積めることで同じ役割を果たせるものや軽い素材を積めることで利用できる土嚢もある。これらは、土嚢を設置しようとした場合に素早く設置できるという魅力がある。土嚢設置では、緊急性を要することが多い。時間が経つことで、直ぐに水が浸入してきてしまう為、そのような場合には即座に用意できる必要がある。水を利用する土嚢などでは、必要となった場合に直ぐに用意できる。

Copyright© 2017 広告として利用できる現場シートを作ってもらおう【業者選びが重要】 All Rights Reserved.