企業イメージアップの秘訣

作業現場

建築現場を宣伝広告に

建築現場を巨大広告に街にはたくさんの建築物件やリフォーム物件があります。そのため、建築現場は多くの人の目につくと言えます。だからこそ、建築現場はのぼりや看板、垂れ幕などを使うことによって、建築現場をそのまま巨大な広告として使用できるため、社名などをたくさんの人にアピールでき、会社のイメージアップや高い宣伝効果を期待できます。現場シートとは現場シートとは、建築シート、足場シート、イメージシートと様々な呼び方をされるビニールターポリン性の看板シートで社名やキャッチコピーなどをいれて使用されます。一般的なサイズでも1800mm×3600mmとかなり大きいため、建築現場の外側に設置することによって、PR広告媒体として行き交う人々の目に触れるため高い宣伝効果を持ちます。それだけではなく、壁や床の保護や、資材や金具の落下防止など建築現場にとって最も重要な安全第一にも役立ちます。デザイン性に加えて、素材や加工方法にも多様な種類があるため、風通しをよくするなど、ニーズにあわせた現場シートを作ることができます。どこで作るのがおすすめなのか現場シートを制作・販売している会社は数多くあります。基本は同じなのですが会社によってデザイン性、作成素材、加工方法などが多少異なります。色表現の豊かさや色あせしにくいといった特徴や、おもしろみを加えて他社との差別化を図る前場シートを制作するという会社があり、自社にあった会社を選べます。価格も会社によっては8000円〜や10500円〜と異なります。素材によっても価格は変わってくるため、一度見積もりをしてもらうと良いでしょう。

Copyright© 2017 広告として利用できる現場シートを作ってもらおう【業者選びが重要】 All Rights Reserved.