工事中の建物を保護する

建設現場

機能性でも選べる

建築現場では、作業中の建物を保護したり工具が飛び散るのを防ぐ目的で、現場シートと呼ばれるものを周囲に張り巡らせます。通気性に優れたメッシュタイプの現場シートが主流ですが、ニーズに応える形で作られた様々な機能を持つものも存在します。選ぶ時にはどういったシーンで使うのか考慮した上で比較することが大事です。現場で火花の散る工具や燃えやすい塗料、シンナー類を使うのなら、防炎タイプの現場シートが適しています。難燃性の素材を使って作られているため、火気を近づけても簡単には燃えません。仮に火が付いてしまっても広がりにくいので、すぐに消化して建物全体が燃えるのを防ぐことができます。周囲にビルや住宅が隣接している地域では、工事中に発生する騒音が迷惑をかける恐れもあります。工事音を抑えるには、防音タイプの現場シートを選びます。遮音性に優れた素材が使われた防音シートは、それぞれのつなぎ目も密着してあるので音漏れが少なく静かな工事環境を作り出せます。雨や風から建築中の建物を保護するならブルーシートが最適です。一般的な現場シートと違ってメッシュ状にはなっておらず、雨で濡れても中に雨水が侵入するのを防いでくれます。強い風も防げるため、暴風雨が来る前に張っておくと効果的です。会社名を宣伝するには、イメージシートというものが用いられます。ブルーシートを厚手にしたような素材で作られたこの現場シートは、網目になっていないため視認性に優れており、発色が良いことからグラフィックもきれいにプリントできます。

Copyright© 2017 広告として利用できる現場シートを作ってもらおう【業者選びが重要】 All Rights Reserved.